八重高女子ソフトテニス 全国初出場

試合後、笑顔を見せるメンバー。(右手前から)仲本こころさん(15)、平得倖菜さん(16)、岡田茉莉那さん(16)、吉川小百合さん(17)。髙嶺心萌さん(16)(右奥)、加那原さん=14日夜、県総合運動公園庭球場

 第49回九州高校新人ソフトテニス競技大会(第45回全日本高等学校選抜ソフトテニス競技大会九州地区予選会)が14日、沖縄市の県総合運動公園庭球場で開催された。八重山高校は団体戦女子の部に沖縄県代表として出場し、5位に入賞。初となる春の全国選抜大会の出場を決めた。
 九州大会の団体戦は、総当りのリーグ戦で予選を行い、勝ちあがったチームが1、2位決定戦、3、4位決定戦を行い、順位を決める。

 八重高は、各県1位のチームで構成されたBブロックで、3位に終わり、5位決定トーナメントに回った。Dブロック1位の大分商業を2対1で下し、入賞。午後7時ごろまで続いた熱戦を制した。
 髙嶺享史監督は試合後「春の選抜は九州ブロックを勝ち抜かないといけない世界。目標にしてきた大会だった。吉川が2年生でこのチャンスが最後。他の1年生5人が連れて行くという気持ちでやってくれたのが良かった」と振り返った。
 加那原里奈さん(16)=1年=は「目指していた目標でうれしい。(全国大会は)行きたかった」と感想を述べた。
 全国大会は、来年3月28日から30日まで愛知県のスカイホール豊田で開催される。
 試合結果は以下の通り
 【予選Bブロック】
 1位:中村学園女子(福岡)、2位:宮崎商(宮崎)、3位:八重山(沖縄)、4位:指宿商(鹿児島)
 【5位決定トーナメント】
 大分商1―2八重山 【順位】
 優勝:中村学園女子(福岡)、準優勝:尚絅(熊本)、3位:宮崎商(宮崎)、4位:嬉野(佐賀)、5位:八重山(沖縄)、同:明豊(大分)

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る