「時代は変わってきた」 聖火ランナー竹内さん 石垣中LGBT講演会

「LGBT」が指す用語を質問する竹内さんと答える生徒=17日午後、石垣中学校体育館

 石垣中学校(宮良信浩校長、全校生徒552人)が17日午後、レインボーハートプロジェクトokinawaの竹内清文代表を招き、「LGBT・性の多様性についての講演会」を同校体育館で開いた。竹内さんは「自分らしくが大切」と主張。講演を受け全生徒らは「自分らしさ」などについて個人で考え、グループ内で共有した。
 東京五輪の聖火ランナーに選ばれたことについて竹内さんは、「LGBTのことを沖縄の人にもっと知ってもらうために、JTAさんが推薦してくれた。時代は変わってきたと感じる」と強調。
 「周りと違っても大丈夫!」と題して▽自分の心地よいあり方を大切に▽自分と違う周りの人を大切に―など、違いを受け入れるためのポイントを提言し、人口に占めるLGBTの割合(5%)のデータなどを示した。
 講演後、生徒らはグループごとに意見交換して、代表者数人が発表し、新学習指導要領がうたう「主体的で対話的な深い学び」につなげた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る