地域ぐるみで長寿祝う 大浜でカジマヤーパレード

カジマヤーの長寿を祝って万歳三唱した=3日、JAおきなわ大浜支店前

 大浜地区の数え年97歳の長寿を祝う子年カジマヤーパレード(主催・大浜公民館)が3日午前、大浜公民館を発着点に行われ、カジマヤーを迎えた島仲富子さん、大工真吉さん、大和ヤイさんの長寿を祝い、字民総勢約1000人(主催者発表)が参加した。
 パレードは大浜小学校全校生徒311人による隊列を先頭に、カジマヤーの3人がオープンカーに乗り込み、それぞれの家族が続いた。大浜公民館前をスタートし、沿道からは地域住民が詰め掛け、「おめでとう!」などと声援を送った。390号線を西に向かい、JAおきなわ大浜支店前ではセレモニーも開かれた。
 セレモニーでは大浜婦人会や大浜老人クラブ長寿会が余興を披露。
 カジマヤーを代表して島仲さんがあいさつし「お祝いを盛大にしてもらってありがとうございます。これからも元気にして頑張りたいと思います」と力強く語り、拍手に包まれた。

 大和さんの孫で福岡県在住の大和賢徳さん(32)は妻の由樹子さん、ひ孫の紗月樹ちゃん(さつき、3)、徳斗君(のりと、1)と参加。賢徳さんは「おばあちゃんもうれしそうで良かった。いつまでも元気に可愛らしい笑顔でいてほしい」と表情を緩めた。由樹子さんは「嫁いできてお祝いの伝統に触れて貴重な経験となった。おばあちゃんもきれいで感動しました」と喜んだ。
 大浜出身で不参加だったカジマヤーの野原シズさん(茅ヶ崎在住)も紹介された。
 同日、大浜子年生合同祝賀会も開かれ、25歳が7人、37歳が22人、49歳が24人、61歳が42人、73歳が56人、85歳が32人が参加してお互いの健康と繁栄を祈願し、世代間で交流した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る