県内3人目、80代男性 2日連続の感染発表 新型肺炎

 玉城デニー知事は20日、新たに80代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと公表した。男性は同県豊見城市在住で職業は農業。肺炎と診断され、糖尿病などの基礎疾患があるという。県内では既に、いずれもタクシー運転手の60代男女の感染が確認されており、感染者の発表は2日連続で3人目。
 県によると、80代男性は豊見城氏在住の1人暮らしで中国渡航歴はない。糖尿病などの基礎疾患がある。
 那覇に1日寄港したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客らと接触があったかどうかは不明で、県内1、2例目の男女との接触は確認されていない。県幹部は「市中感染の可能性は否定できない」と述べた。

 6日に36.8度の微熱の症状が出て、17日には倦怠(けんたい)感や下痢を訴え入院。20日、県衛生環境研究所で遺伝子検査を実施したところ新型コロナウィルスの患者であることが確定した。重症ではなく、会話はできる状態という。
 入院している病院は感染症指定医療機関ではなく、移送については状況を見て判断する。
 砂川靖保健医療部長は「早急に行動履歴を調査し、感染経路の確認に努めたい」としている。
 この日の危機対策本部で玉城知事は「新型コロナウィルスに感染したかもしれないと不安に思う方は、県作成の『新型コロナに感染したかも』の受診案内フロー図や、24時間対応のコールセンターに問い合わせ、パニックにならず冷静に対応していただきたい」と呼び掛けた。
 新型コロナウィルスは高齢者や基礎疾患のある場合にかかりやすく重症化しやすい。県は、37.5度以上の発熱が2日以上続いたり、強いだるさや息苦しさがある場合は早めに保健所に相談するよう呼び掛けている。
 県内では14日に60代女性、19日には60代男性の感染が確認された。この60代男性は重症肺炎で、指定医療機関の集中治療室(ICU)で治療を受けている。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る