全6種がそろい踏み 石垣島ビール工房 AtG社と契約、日本初

石垣島産クラフトビール全6種が一斉に提供された=2月29日午後、石垣島ビール工房ビアレストランAGAINST THE GRAIN

 石垣島ビール工房株式会社(堀修代表取締役)が2月29日、米国のクラフトビール製造会社「AtG社」との独占契約で醸造した石垣島産ビール全6種類の提供を、石垣島ビール工房レストランAGAINST THE GRAINで開始した。
 石垣島ビール工房株式会社は2018年1月に設立し、日本を含むアジア地域での独占製造販売契約をAtG社と締結。堀代表によると、AtG社との契約は日本で初という。
 昨冬、米国ケンタッキー州のAtG社から醸造責任者が来島し、石垣島の気候や食文化に合わせたクラフトビールの開発に協力した。

 レストラン店内に鋳造所があり、仕込み終えたビールを今年1月から順次、店内で提供していたが、この日初めて、島産・県産パイナップル果汁を使用したビールなど、全6種類を一斉に提供した。
 税込価格は▽グラス(330ミリリットル)800円▽メガジョッキ(1リットル)2000円▽タワー(3リットル)5500円。
 今後は、レモングラスや月桃などの素材を生かしたビールの商品化を進めていく。3月中には瓶ビール、4月中には缶ビール(350ミリリットル)も販売する予定。
 堀代表は「それぞれ味わいが異なるビール。季節や気分に合わせて飲んでほしい。沖縄本島や県外も視野に入れるが、クラフトビールは地元に馴染んでこそ」と笑顔を見せた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る