鐘突いて犠牲者追悼 東日本大震災の日に市職員ら

犠牲者の追悼と被災地の復興を願って鐘を打つ市民=11日午後、新栄公園

 東日本大震災から9年目を迎えた11日、「世界平和の鐘」が設けられている浜崎町の新栄公園に市職員や市民が集まり、鐘を突いて犠牲者を悼んだ。
 市職員は世界平和の鐘の会県支部の事務局を務める平和協働推進課の玻座真保幸課長(54)ら17人。発生時刻の午後2時46分に市の防災無線を通じてサイレンが市内に鳴り響き、1分間黙とうを捧げた。鐘楼にも上がり、一人ひとり順番に鐘を鳴らした。
 玻座真課長は「震災では多くの死者が出て今も相当数の行方不明者が存在し、遺族の心の傷は癒えていない。被災者に寄り添う思いを込めて突いた」と話した。
 この日は市議会3月定例会の本会議で、議場でも中山義隆市長ら市幹部と平良秀之議長ら市議が発生時刻に起立して黙とうした。新栄公園では毎年震災の日に鐘楼を開放し、市民らが復興を願ってめいめいに鐘を打っている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る