商店街「涙が出る思い」 新型コロナ、知事に窮状訴え

意見交換の冒頭、あいさつする玉城知事(奥)。連合会(左)の関係者、約人が参加した=3月31日午後、那覇市牧志

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、那覇市中心商店街連合会のメンバーが3月31日、県庁で玉城デニー知事と会い、観光客激減による窮状を訴えた。「涙が出る思いで営業を続けている」「県にはスピード感を持って対応してほしい」などと訴える声が上がった。
 商店の家賃などの固定費の支援や国、県、連合会が意見交換をする機会の設置、沖縄担当副大臣らの県内常駐などを求める意見もあった。玉城知事は「事業所と働く人を守るため必死で取り組みたい」と強調した。
 意見交換後、報道陣の取材に応じた連合会の上原正敏会長は、「ほとんどの店の売り上げは数カ月で急激に落ち、対応が難しい。何をして良いのか分からない」と肩を落とした。
 当初、意見交換は30分程度の予定だったが約1時間続いた。意見交換を前に、玉城知事や富川副知事は商店街内を視察した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では12日…
  2.  八重山で新型コロナウイルス感染者が初確認されて13日で1年となることを受け、八重山日報社は石垣市の…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…

話題をチェック!

  1.  「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)が30日…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年4月« 3月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る