清明祭は規模縮小を 県医師会が呼び掛け

4日から始まる清明祭を前に、県民に向け規模縮小など注意喚起を行う県医師会の宮里達也副会長=2日午後、県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の宮里達也副会長は2日午後、県庁で会見し、県内で4日から始まる清明祭(シーミー)にあたり、代表者のみでお参りするなど規模の縮小を県民に対し強く求めた。同日午前に安里哲好会長ら3役で話し合い、注意喚起を決めた。県内の医療業界から強い要望があったという。
 注意文では①東京・大阪等の本土から帰省する人を参加させない②代表者のみの参加などできるだけ規模を縮小して行う③発熱など体調が悪い人を絶対に参加させない―ことを強く求めている。

 宮里副会長によると「強い」という文言はあえて加えたといい、県医師会としての感染拡大への危機感が示された。
 宮里副会長は「異例のことだが、感染拡大を防ぐため大勢の人が集まる状況をできるだけ作ってほしくないという意図」と説明した。
 県内の感染状況について「切迫した状況ではないが、いつそうなってもおかしくない。注視が必要」との認識を示し「適切な医療提供体制の充実が重要」と強調した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る