特攻隊から平和語る 最優秀賞に前盛朱琳さん

教育長に受賞報告した前盛さん(中央)=21日、石垣市教育委員会

 「かのや未来創造プログラム―平和の花束2018―」(主催・鹿屋教育委員会)の「平和へのメッセージ」コンテストで、白保中学校(﨑山晃校長)3年の前盛朱琳さん(15)の「平和への教科書として」と題した作文が中学校の部で最優秀賞に選ばれ21日、石垣市教育委員会で報告会を開いた。同作文は前盛さんの祖父・善介さんが戦中、「みのかさ部隊」のメンバーと知り、特攻隊との関わりの中から平和の尊さを語った内容。

 平和学習に関心のあった前盛さんは今年6月、「みのかさ部隊」の本を図書館で見つけ、祖父の名前を発見した。前盛さんは、祖母や叔母(おば)の話を通して、祖父の家に沖縄戦の特攻隊第一号、伊舎堂用久中佐が宿泊していたことを知った。
 作文では「戦後、日本は生き残った方々の必至の努力のおかげで復興を果たし、活気あふれる国になった」とまとめ、一人ひとりが「平和の教科書」として「先人たちの悲しみや苦しみを語り継がねばならない」と結論付けた。
 取材に対し、「(祖父は)雨の日も風の日も、命がけで作業をしていた。祖父がやっていたと聞いてすごいなと思った」と亡くなった祖父への思いを述べた。
 「みのかさ部隊」は、1944年に召集され、正式名称は五〇六特設警備工兵隊。米英機の爆撃の合間をぬって、命懸けで弾痕だらけの滑走路を補修した。
 同コンテストの応募総数は3290点。中学生の部は1656点あった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  中国の海上警備を担う中国海警局が、石垣市の尖閣諸島周辺の日本領海に公船「海警」を侵入させる頻度を増…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年2月« 1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る