那覇空港にサーモグラフィ 新型コロナの水際対策で

サーモグラフィで客の表面体温を測定する県職員ら=9日、那覇空港

 県は9日、新型コロナウイルス感染症対策として那覇空港の国内線1階到着ロビーにサーモグラフィ設置し、運用を始めた。県内外から那覇に到着した乗客全員の表面体温を測定。体温が高く、発熱の可能性がある客に健康観察の注意を促し、体調に不安を感じている客には保健所で相談するよう呼び掛けている。サーモグラフィは今後順次、宮古や石垣空港にも設置される。
 サーモグラフィは、国内移動による感染拡大を防ぐための装置で、本土からのウイルス「移入例」が確認されていることから、水際対策の一環として導入された。
 設置場所は那覇空港制限区域外の到着ロビーの2カ所で、期間は6月30日までとなっており、感染状況を見ながら延長もあるという。

 測定は午前9時から始まり、最終便が到着する午後11時まで実施。企画部交通政策課職員が航空機から降り、到着ロビーに出てくる客の表面体温をサーモグラフィで測定している。
 同時に配布したチラシの「新型コロナウイルス感染症対策に係る協力のお願い」では体調に不安を感じられる人は症状や状況に応じた対応を促している。
 チラシには、体調不良を感じ「新型コロナに感染したかも」と思った場合の対応が記載。相談・受診の前には学校、会社を休み、外出を控えることや毎日体温を測定し記載することを求めている。感染症患者との濃厚接触歴があり、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている場合や強いだるさ、息苦しさがある場合には最寄りの保健所に連絡することを呼び掛けている。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る