「それ、給付金詐欺かも」 石垣市でも不審メール

現金10万円の一律給付をめぐり、石垣市で出回っている不審メール(一部加工)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急経済対策に盛り込まれた現金10万円の一律給付をめぐり、「所在確認」と称して偽の手続き方法を紹介し、現金や個人情報をだまし取ろうとする不審メールが石垣市でも確認されている。総務省HPでは「それ、給付金を装った詐欺かもしれません!」と注意喚起している。
 市内で確認されたメールは「給付金10万配布につき、お客様の所在確認」と題し、「各携帯電話キャリア会社を通し、国民の皆様へ配布」など根拠不明の情報とともに、「詳細確認とお手続き」として特定のURLへのアクセスを促している。
 給付方法についても「銀行振込もしくは、係りの者がマスクを付けて向かう場合も」と、振り込み以外の直接手渡しをにおわせる内容も記されている。
 高市早苗総務相は21日の記者会見で、現金や個人情報をだまし取ろうとする不審な電話やメールへの注意を呼び掛けた。
 総務省HPでは▽現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることはない▽給付のために手数料の振り込みを求めることは、絶対にない―と表示し、市区町村や総務省をかたった電話・郵便・メールがあった場合、各市区町村や最寄りの警察署への連絡を求めている。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る