中国の主張「受け入れられず」 政府、漁船追尾で反論 尖閣周辺の領海侵入

記者会見する菅官房長官=12日

 石垣市の尖閣諸島周辺で領海侵入した中国公船が与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、菅義偉官房長官は12日の記者会見で、侵入を正当化した中国外務省の主張に反論した。「全く受け入れられない。わが国の領土、領海、領空は断固として守り抜くとの方針の下、尖閣周辺の警戒、監視に万全を期す」と表明した。

 衛藤晟一領土問題担当相は会見で「尖閣諸島は歴史的にも国際法上も明らかにわが国固有の領土であり、国内外でわが国の立場に正確な理解が浸透するよう発信強化に努めたい。中国の態度は大変遺憾だ。日本もはっきりと発言しなければならない」と強調した。
 中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)副報道局長は11日の定例記者会見で、中国公船が与那国町漁協所属の漁船を追尾した理由について「中国の領海内で違法な操業をした」と批判。「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土だ。日本がこの問題で、新たないざこざを引き起こさないことを望む。両国は新型コロナウイルスの防疫対策に集中するべきだ」と述べた。
 海警局の船は8日に一時日本領海に侵入し、うち2隻が操業中の日本漁船1隻に接近して追尾。9~10日にも2隻が領海に侵入していた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る