マスク着用し見守り 事故もコロナも気をつけて 交通安全ぱいーぐる像

マスクを着用し交通安全と新型コロナ終息を願う交通安全ぱいーぐる像=30日午後、市内

 交通事故にもコロナにも気をつけて―。石垣市総合体育館の裏手のシードー線沿いで安全運転を見守る「交通安全ぱいーぐる像」にマスクが着用されて1か月半が経つ。来月1日には市緊急事態宣言が解除されるが、第2波、第3波も心配されている。交通事故のない社会と新型コロナウイルスの終息を願う同ぱいーぐる像から、マスクが取り払われるのはいつになるのか。
 同ぱいーぐる像にマスクが着用されたのは4月中旬。同13日に八重山で感染者が初めて確認されたことを受け、衣服のサイズ直しなどを行う「ソーイングハッピー」=平得=の小濵一美(ひとみ)店長(63)が「皆でコロナに気をつけよう」との思いを、行動に移した。
 「怒られるかもしれないと思いつつ、コロナに負けない、コロナに気をつけようと呼び掛けるつもりで作った」と打ち明ける。
 測ってみると、嘴(くちばし)の長さは19・5㌢。引き出しに眠っていた紺のチェック模様の枕カバーを活用し、20㌢の型紙で1枚目を作製。幅が少し足りなかったが着用させた。
 やはり気になっていたため、3日後、黄色の布で幅の長さを調整した2枚目を作製した。これがぴったりフィット。現在に至っている。
 「元々風邪なんか引かない体質だけど、コロナだけは気をつけている。緊急事態宣言が解除されれば取り外そうと思っていたが、状況を見ながら決めたい」と話した。
 市内には現在3体の交通安全ぱいーぐる像があるが、ボランティアで全てを製作した安里隆さん(76)=真栄里=は「ありがたい限り。置物でもコロナにかかるかも知れない」と感謝し、「市民のためにぱいーぐる像も事故とコロナに気をつけてと見守っているはず」とうれしそうに話した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る