20日から高校野球〝練習試合〟 球児の雄姿見る最後の機会に

八重山農林高校野球部父兄会で練習試合の注意事項などが伝えられた=5月31日、八重山農林高校グラウンド

 八重山3高校の野球部は1日までに、新型コロナウイルスの影響で中止となった八重山地区大会に代わる「練習試合」を6月20、23、27の3日間、石垣市中央運動公園野球場で開くことを決定した。
 県高校野球連盟(岩﨑勝久会長)は、夏の全国選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦として、7月4日から「2020県高校野球夏季大会」を無観客で開催することを決めている。県大会は無観客での開催が決定していることから、3年生の選手の保護者にとっては、子どもたちの勇姿を見届ける最後の機会となる。
 長期間の休校に伴い、部活動も休止していたことから、7月4日からの県大会への調整も兼ねての練習試合とした。3年間見守ってきた保護者を含む関係者への配慮も形の決定となった。
 野球部に所属する3年生の父兄の一人は「小学校1年生の時から野球を続けさせてきて、高校最後の姿を見る機会を与えられてうれしい。十分な配慮の上で心から応援したい」と話した。
 観戦に当たっては三密状態を回避するなど、新型コロナウイルス対策を施す。
 20日は八商工対八重高、23日は八重農対八重高、27日は八商工対八重農の組み合わせで午前9時から行われる。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る