「國酒の力で日本を笑顔に」 乾杯リレーを動画配信 全国有志の蔵元

オープニング画面の題字(右)。書家・紫舟さんが手掛ける。國酒オールスターズの皆さん(左)。右下端に座喜味社長(YouTubeより)

 日本酒、焼酎、泡盛などの「國酒」を製造する全国有志の蔵元が新型コロナウィルスの終息を祈念し、北海道から沖縄県へと順に酒を酌み交わしていく映像をつないだ動画「繋げ!47都道府県乾杯リレー『今こそ國酒の力で日本を笑顔に!』」(主催・國酒オールスターズ)を5日、YouTubeで配信した。

 日本を地域から支えてきた47都道府県の有志の國酒の蔵元たちが、國酒で日本に元気の明かりを灯そうと動いた。
 ネット会議で議論を重ね、県を越えての移動などが難しいことから、各蔵の酒を注ぎながら47都道府県全てを映像でリレーして乾杯の輪と日本の心を繋げていく動画にたどり着いた。
 映像の撮影、編集、音楽の作成など、全て自分たちで行い、オープニング画面の題字「繋げ」の文字は、書家の紫舟(シシュー)さんが手掛けている。
 動画では北から南へ、全64の蔵元たちが順に酌をし、酌をされ、「あなたも一緒に乾杯しましょう!」と最後に呼び掛け、出演者が一斉に「乾杯!」と杯を上げている。
 沖縄県は㈲八重泉酒造の座喜味盛行代表取締役社長が出演し、北海道の蔵元への「ラストお酌」を務めた。
 國酒オールスターズは「私達國酒の蔵元は100年以上続いている蔵がほとんど。古くは結核のまん延やスペイン風邪など多くの困難と先祖は戦って今に至っている。そんな困難を克服してきた長い歴史のある國酒の力で、新型コロナウィルスと共存していく新世界に明るい希望と笑顔を届けられたら」との思いを託している。
 座喜味社長は「全国の蔵元さんと繋がって心をひとつに動画配信できた事はうれしい。私達のエールが少しでも届いて皆様が楽しく笑顔で乾杯して頂ければ幸い」と話した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る