【金波銀波】「国民の皆さんで安倍首相にお疲れ様、ご苦労様を言いませんか?」…

 「国民の皆さんで安倍首相にお疲れ様、ご苦労様を言いませんか?」「政治家の皆様も同じ人間。人です」―。タレントのつるの剛士さんが先月、ツイッターでこう発信し、話題になった◆新型コロナウイルスの感染拡大以降、首相の執務日は13日で連続140日に達したという。国を背負うプレッシャーは常人には計り知れないが、その上、4カ月以上休みなしでは、首相の顔色が冴えないのも理解できる◆トップに立つ人間であれば相応の覚悟があるはずで、休みなどなくて当然、という考えもある。一方で米国の歴代大統領たちは休暇を重視し、まとまった休みを別荘で過ごしたりしている◆新型コロナの蔓延(まんえん)は戦争にも匹敵する事態だから、リーダーたるもの、少なくとも今は休むべきではないかも知れない。だが肉体的な疲労が、判断力や決断力に影響を及ぼさない保証はない。頑張り過ぎは逆効果だろう◆安倍政権のコロナ対策は、なぜか評価が低い。だが心配された医療崩壊もなく、緊急事態宣言は短期間で解除された。疫病で死人の山を築いた欧米や中国に比べれば、日本の現状が非常に恵まれているのは明白だ。政治は結果論なのだから、首相は胸を張って休みを請求していい◆ちなみに最近「アベノマスク」も届いた。  (N)

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る