国の給付金申請を支援 来月センター設置へ 石垣市

 石垣市は13日までに、新型コロナウイルスの影響で大きな影響を受けている中小企業や小規模事業者を支援する国の制度である持続化給付金、家賃支援給付金の申請をサポートする「申請等支援センター」を7月13日に開設する、と発表した。

 市は持続化給付金なども含め、国の制度を活用してもらうための相談窓口を5月11日から市役所1階に設置しており、今月12日までに約100人が相談に訪れている。
 申請はインターネット上で行うことが基本になっているため、申請の方法が分からない人が多いことが懸念されるという。
 持続化給付金の申請を支援するため、7月3日から10日まで国の申請サポートキャラバンが石垣市を訪れ、石垣港離島ターミナル会議室で相談を受け付けることが決まっている。
 市はキャラバンの終了後、同13日から10月30日まで「申請等支援センター」を設置し、家賃支援給付金の申請も含めて市民の相談に応じる。
 センター内ではインターネット環境を整備し、パソコンを設置して、その場で申請を行える態勢を整えるという。
 センターの設置場所は調整中で、平日の午前10時から午後5時まで、職員3~5人程度で対応する方針。このほかJA、八重山漁協も組合員を対象に、申請に必要な書類をそろえるサポートを行う予定。
 キャラバン隊の相談受付は午前8時から午後5時まで(7月10日は午後3時まで)となっている。
 家賃支援給付金は12日成立した国の第2次補正予算に盛り込まれた。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  2.  南の島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道路・県道石垣空港線の整備工事は2023年の全面供用開始に向け…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
ページ上部へ戻る