【金波銀波】「アベノマスクはまだだが、ニシオオマスクは届いた」。…

 「アベノマスクはまだだが、ニシオオマスクは届いた」。竹富町のお年寄りの間で話題になっている。1世帯2枚の政府配給マスクが町内にまだ行き渡っていないのを尻目に、西大舛高旬町長の呼び掛けで町が高齢者に1人30枚を配ったマスクは早々と届いた◆町の新型コロナウイルス対策は素早い。1人10万円の特別定額給付金では申請受け付けが県内市町村で1番早かった。感染防止を目的に事業者に上限30万円の協力金を支払う独自の制度も打ち出している◆コロナ関連の経済対策は機敏さが生命線だ。休業に追い込まれた事業者、職を失った労働者に早くお金を渡さないと、自ら命を絶つ人が出かねない。政府がもたもたしていると批判を受けているのをよそに、町は小回りを利かせて迅速に対応している◆町長が「スピード最優先」と職員にハッパを掛けていると聞く。尻をたたかれている部下は大変だが、町民にとっては頼もしい◆町長は石垣市で感染者の出た4月の記者会見で「町の島に来るな」と強い口調で旅行者にくぎを刺した。高齢化率が高く、感染したら命を落とす危険に直面する町民の不安を代弁したのだろう。             (I)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  2.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  3.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  5.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…

ページ上部へ戻る