市、4連休前に引き締め 新型コロナ 観光客増にらみ対策強化 きょう事業者参加の会議

観光客にマスク着用を要請するのぼりを協力事業者に引き渡す中山市長(左端)=15日、730交差点

 石垣市は、23日からの4連休で見込まれる観光客増をにらみ、新型コロナウイルス感染防止対策を強化する。17日と20日には観光関連業者らを対象にした会議を市民会館で開き、引き締めを図る。県は水際対策として、4連休に間に合わせ、新石垣空港に旅行者専用相談センター(TACO)分室を設置する方針。

 夏の観光シーズンが本格化することに加え、4連休には政府の関連事業観光支援事業「Go To トラベル」を利用した観光客が増える可能性もある。政府は「Go To トラベル」の運用を見直す方針だが、市はいずれにせよ観光客増は確実と見ており、感染拡大阻止に向け「危機感を持って取り組む」と強調する。
 17日の会議は観光関連業界の代表者約20人の参加を見込み、感染防止対策や、感染者が出た場合の対応などに関して意見交換する予定。
 20日には自由参加の会議を午後4時半から市民会館大ホールで開催する。市は150人規模の参加を見込んでおり、観光関連業者多数の参加を呼び掛けている。
 県が新石垣空港に設置予定のTACO分室は、発熱者全員に検査を要請する市の水際対策を引き継ぐ。那覇空港のTACOとは異なる運用方法になる可能性がある。市によると、運営の委託先選定を含め、県が詰めの調整中だという。
 市民からは市に対し「観光客がマスクを着けずに出歩いている」という不安の声も寄せられているという。市は4連休に向け、観光客に対するマスク着用要請にも力を入れる。
 「マスク着用にご協力ください」と記したのぼりを既に65本作成しており、空港、石垣港離島ターミナル、730交差点周辺、ユーグレナモール周辺などに設置する予定。
 15日には、のぼりを協力事業者に引き渡すセレモニーが730交差点で開かれ、中山義隆市長らが参加した。
 小切間元樹企画部長は「病院の感染症病床は9床しかなく、医療崩壊は絶対に避けなくてはならない。感染者が出れば経済も止まりかねない。感染防止に万全の態勢を取る」と話した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る