八重高、32年ぶり決勝進出 きょうKBC未来と対戦 県高校野球夏季大会

最後の打者を3ゴロに打ち取り歓喜に沸く八重山=1日、タピックスタジアム名護

 夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・県野球連盟)の準決勝が1日、タピックスタジアム名護で開かれ、八重山が春ベスト4の日本ウェルネスと対戦し、延長タイブレークの末、8―7で勝利した。夏の県大会で八重高が決勝に進出するのは1988年以来、32年ぶり2回目。八重山勢としては2006年に優勝した八重山商工以来、14年ぶり3回目。
 八重高は7回裏までに1―6と最大で5点差のリードを広げられたが、8回以降八重山打線が爆発。得意の「打ち勝つ野球」で打線がつながり、10回表に大逆転劇を見せた。最終回は最速139㌔のストレートを持つエース砂川羅杏が10回裏をきっちりと締め、32年ぶりに決勝戦へコマを進めた。
 八重山は2日午後1時から、同球場でKBC未来と決勝戦を行う。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では6日、中…
  2.  八重山防衛協会(三木巖会長)などの自衛隊協力団体が主催する「2020年度 美ら島の未来を護る君の手…
  3.  今年数え年109歳の茶寿を迎えた加治工トヨさんにこのほど、竹富公民館(内盛正聖館長)は頌状と祝い金…

話題をチェック!

  1.  県は13日、黒糖(含蜜糖)の品質に優れたサトウキビの新品種「RK03―3010」を開発し、竹富町波…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る