ホテルのキャンセル相次ぐ コロナ影響、修学旅行も 石垣市

石垣市と経済団体が新型コロナウイルスの影響に関し意見交換した=11日午後、市役所

 石垣市は11日、経済5団体の代表者らを市役所に招き、新型コロナウイルスの影響に関して意見交換した。市観光交流協会は、石垣島での感染拡大を受け、ホテルのキャンセルが相次いでいると報告した。

 担当者は「特にこの1週間で、ホテルのキャンセルが一気に入った。8月は去年に近い数字を予想していたが、3割から、ひどい所では4~5割まで落ちた」と述べた。
 現在は観光のトップシーズンであるため、キャンセルが相次いだあともホテルの稼働率はおおむね40~60%で推移している。だが10月以降は30%程度に下がる予想という。
 修学旅行のキャンセルも次々に入っており「10~12月はかなり厳しい」と述べた。
 中山義隆市長は「観光客が戻らないと、一気に経済を回復させるのは難しい」と指摘。感染者の流入を防ぐための来島自粛要請について「効果はあまりない」と否定的な姿勢を示した。
 観光交流協会の担当者も「ほとんどの観光客には、市の(感染防止)ガイドラインに納得して来てもらっている。観光業界としては制限を掛けてほしくない」と、来島自粛要請に反対する考えを示した。
 市商工会の黒嶋克史会長は、希望する事業所が従業員にPCR検査を実施できる態勢を構築するよう要請し八重山漁協の伊良部幸吉専務は「本マグロでキロ600円くらい値段が下がっている、やっと価格が戻ったところに、こういう状況になって危惧している」と訴えた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  県は16日、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の施策について、効果検証を行い…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る