西表島で1人の感染確認 コロナ、八重山累計41人に

 県八重山事務所と八重山保健所は19日、新たに西表島在住の30代女性が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。女性は既に感染が判明している西表島在住者の職場関係者。八重山の感染者数累計は4月以降で41人目、7月以降は37人目となった。
 八重山事務所の宜野座葵所長は西表島の感染状況について「それほど大きな感染にはつながっていない」と述べ、一定規模に抑えられているとの見方を示した。
 新たに感染が判明した女性は無症状で、17日に石垣市の新型コロナ相談外来で検体を採取。PCR検査の結果、18日夕方に陽性が判明した。
 八重山病院のオンライン診察を受け、竹富町の待機施設を経て、19日に県の宿泊施設に入った。現時点で濃厚接触者は確認されていない。
 19日現在、八重山病院には3人が入院。中等症は1人で、他は軽症となっている。
 ホテルでは6人が療養、1人が自宅療養している。ホテルの療養者のうち、5人は20日に退所する予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  2.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  3.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  5.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…

ページ上部へ戻る