市内感染「収まりつつある」 旧盆帰省は注意呼び掛け 中山市長

記者懇談会で新型コロナウイルスの感染状況などについて発言する中山市長=19日午後、市役所

 石垣市の中山義隆市長は19日の記者懇談会で、新型コロナウイルスの感染状況について「収まりつつある」との認識を示した。一方、旧盆で島外からの帰省客が増える見通しとなっていることには「帰ってくる前はしっかり行動を自粛し、感染していない状況で石垣に来てほしい」と注意を呼び掛けた。

 市内では美崎町でクラスター(感染者集団)が発生したが、県、市は濃厚接触者の早期特定と検査を進めることで抑え込みを図った。中山市長は「八重山保健所、八重山病院、市の相談外来の連携がうまくいっている」と強調した。
 今後、感染者が出た場合でも「感染経路を追えている場合は、緊急事態宣言を出す予定はない」と述べ、市中感染が拡大しない限り、市民への外出自粛要請や観光客への来島自粛要請は行わない考えを示した。
 旧盆期間の帰省については「帰っても、親せきが多く集まる場所などは意識して避けてほしい。体調がすぐれない場合は、帰ることを取りやめる判断をしてほしい」と求めた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る