臨時議会 異例の流会 商品券事業、議運で否決 市長、専決処分視野に検討 石垣市

議会運営委員会で予算案の上程が否決されたことを市議に説明する平良議長(中央)。左は中山市長や担当部長=25日午前、市議会

 新型コロナウイルスの経済対策として、プレミアム付き商品券事業の予算案を再提案するため、石垣市の中山義隆市長が招集した市議会の臨時会が25日、流会した。臨時会に先立って開かれた議会運営委員会で、予算案の上程が賛成少数で否決され、平良秀之議長が「今の状況では臨時会は開けない」と判断。本会議を開会できないまま、午後5時に時間切れとなった。緊急性がある議案が上程される臨時議会の流会は、極めて異例。中山市長は記者会見で、専決処分で事業を実施する可能性も視野に今後の対応を検討する考えを示した。

 プレミアム付き商品券事業を盛り込んだ一般会計補正予算案は2億7千万円。13日の臨時議会でも否決され、この日は2度目の提案となる予定だった。
 議会運営委で市当局は、1万円で1万5千円分を購入できるプレミアム付き商品券について、低所得者に配慮し、分割して5千円で2回購入できるようにする案を示した。
 非課税世帯と3歳未満の子どもがいる世帯は、5千円の商品券を無償で受け取ることも選択できる。13日の臨時議会で、非課税世帯の情報を市が抽出することに対し、野党が個人情報保護の観点から疑義を呈したため、希望者は自己申告制とした。
 市の提案に対し、野党は、市民に1万円の出費を強いる点で以前の案と変わらないとして「こんな軽微な変更で再提案するのか。議会軽視だ」(宮良操氏)などと反発。与党も、未来会派の箕底用一氏が「(再提案にあたり)当局から一切の調整はなかったと認識している。同じ案を上程して通せというのは無理がある」と批判した。
 与党の我喜屋隆次氏は「疲弊した経済をどうするかという緊急性があるから、9月議会を待たずに上程しており、必要性が感じられる」と議案への賛同を求めた。
 仲間均委員長は、予算案を本会議に上程するかどうか諮り、野党と箕底氏の反対5、他の与党の賛成4で否決された。これを受け、仲間委員長は議会運営委を閉じた。
 平良議長は改めて、開会に向けて与野党との調整を続けた。野党側は議会運営委の再開催を求める意向を示したが、仲間委員長は応じなかった。
 平良議長は流会を受け、取材に対し「市民の皆様に申し訳なく思う」と語った。
 中山市長は「開会すらされず、予算案も提案できずに流会したことは残念。(議会運営委員会での否決は)議会の権限を逸脱している」と野党や未来会派の対応を疑問視した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る