「非常に強い」で接近 台風9号 知事が注意喚起

対策本部会議後、会見し県民や来県者に向けてメッセージを発表した玉城知事=30日午後、県庁

 県は30日午後、台風9号に関する災害対策本部会議を開催し、対応を協議。台風9号は31日から9月1日にかけ、今年初めて「非常に強い」勢力で沖縄地方に接近するため、玉城デニー知事は「先週の大雨で地盤が緩んでいる場所がある。大雨警報が発表された場合、土砂災害や浸水に注意してほしい」と呼び掛けた。

 八重山地方では31日夕方から大しけになる見込みで、夜遅くから暴風となる。また、1日にかけて警報級の大雨になる見込み。31日正午から1日正午までに八重山地方で予想される雨量は最大で100㍉から200㍉。
 沖縄気象台の予報では、台風9号は31日から1日にかけて、宮古海峡を北上し中心付近の最大風速は毎秒50㍍、最大瞬間風速は同70㍍に達する。中心気圧は925ヘクトパスカルで、八重山地方でも暴風警報が発表される可能性がある。
 最大瞬間風速は毎秒60㍍以上の暴風で家屋の倒壊や車両の横転や破損、広範囲な電柱の倒壊、倒木による道路の寸断、長時間の停電が発生する。玉城氏は「『命を守る行動』を最優先に避難が危険な場合は(自宅の)2階への垂直避難、建物の中でも崖側から離れることも考えられる」と、暴風や大雨に警戒するよう求めた。
 さらに玉城氏は、県民や来県者に①断水や停電に備えた水の確保や懐中電灯の確認②早めの避難③コロナ禍のため避難所だけでなく親せき宅などへの避難―などを求めた。
 新型コロナウイルスに感染者の宿泊療養施設への入所や、避難時のマスク・消毒液の携行も求めた。発熱者は避難所で申告することも要望した。
 台風の暴風に巻き込まれることも想定し、玉城知事は、県民に外出を控えるよう要望。「海岸など危険な場所に近づかず、ドアの開閉にも注意し、屋内でも窓から離れてほしい」と注意を促した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る