バイオ燃料で定期船運航 YKF、ユーグレナ試験航行

給油のデモンストレーションをする大松社長(右から2人目)、中野執行役員(3人目)ら=10日、離島ターミナル

 八重山観光フェリー(YKF、石垣市)とユーグレナ(本社東京)は10日、ユーグレナの製造するバイオディーゼル燃料で定期船を運航する試験航行を始めた。同燃料で船を走らせるのは初めてという。

 出発式が石垣港離島ターミナルで行われ、YKFの大松宏昭社長やユーグレナの中野良平執行役員らが船に給油して初出航を祝った。
 大松社長は「バイオ燃料の導入で環境に優しい取り組みを前進させたい」と述べた。中野執行役員は「海運業界に求められる環境保全の要請に応える」と語った。
 ユーグレナによると、燃料は同社が石垣島で生産するミドリムシと使用済みの食用油を混ぜた軽油で、従来の化石燃料に比べ、製造過程で二酸化炭素の排出量を抑えるほか、排ガスの硫黄化合物の濃度を軽減し、環境への負荷を少なくする。
 2010年に研究開発を始め、横浜市の実証プラントで年125㌔㍑を生産している。首都圏の路線バスの燃料として実用化が進んでいる。YKFに販売して試験航行を重ね、実用化を目指す。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る