紙パック製品で30年ぶり 新商品「さんぴん茶ミルクティー」 八重山ゲンキ乳業

新商品をPRする新代表(右)と新営業部長=12日午後、あざみ屋

 清涼飲料水「ゲンキクール」などを製造・販売している㈱八重山ゲンキ乳業(新賢次代表取締役)が、紙パック製品としては約30年ぶりとなる新商品の紅茶飲料「ゲンキさんぴん茶ミルクティー」を完成させた。

 同商品の構想を練り始めたのは昨年の初め頃。従来は男性寄りの商品が多かったことから、女子中高生にスポットを当てて同社自慢の「牛乳」と、「楽しさ」「ご当地感」を出す商品開発を思案し、さんぴん茶を使ったミルクティー案が浮かんだ。
 しかし、さんぴん茶の香りと風味の出し方に悪戦苦闘し、「ゴールがあるのか」(新研次郎営業部長)と行き詰まるほどだったという。
 10回以上もの試行錯誤の末に、最後まで微調整を重ね続け、このほど、完成品へとたどり着いた。
 同商品はミルクの甘さとさんぴん茶のほのかな香りが特徴で、「年中飲んでほしい」との思いから、夏でもさらりと飲めるよう、さっぱりとした味に仕上げている。
 紙パック製品としては酪農牛乳、ゲンキクール、コーヒー入り清涼飲料「ゲンキカフェ」に続く4商品目で、約30年ぶりの新商品となる。
 パッケージもミルクティー市場の中心層である10~20代女性の好みに合う、淡いカラーの華やかなデザインを採用した。
 新型コロナの影響で販売の適切な時期にも苦心したが、「観光客の人にも楽しんでほしかったが、まず地元の方から手に取っていただき、この時期に出すことで明るいニュースのプラスになれば」(同)と期待する。
 新代表は12日、あざみ屋事務所で会見を開き、「長年の試行錯誤、飲んでいただければ」とPRした。
 希望小売価格は946㍉㍑が220円(税別)、473㍉㍑が125円(同)。
 16日以降、石垣市内スーパーから順次販売され、市内コンビニには28日以降に店頭に並ぶ予定。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る