11月8日に石垣島まつり 市民の動画やライブ配信 〝ウィズコロナ〟で縮小

昨年の石垣島まつりの様子。ステージプログラムで熱唱するBIGIN=2019年6月7日

 新型コロナの影響で開催への動向が注目されていた「第56回石垣島まつり2020」が、11月8日に開催されることが決まった。今年はウィズコロナを前提とした新しい形に挑戦。例年のプログラムを変更・縮小し、バラエティ動画とBIGINの無観客ライブをウェブなどで島内外に配信する2大柱での開催となる。

 今年のテーマは「We are living in ISHIGAKIJIMA~世界に届け!石垣島の風と音2020・THE石垣島まつり~」。
 実行委員会は開催意義として①コロナ禍を乗り越える②ウィズコロナのモデル事例―を掲げ、オンラインを駆使しながら、感染リスクに対する予防を図る。
 今年はステージプログラムやパレードに替わり、コロナを乗り越える市民の様子を編集したバラエティ動画と、BIGINのデビュー30周年を記念した無観客オンラインライブをウェブ等で配信する2大柱を用意。
 バラエティ動画では①賞金3万円の飲食店街マスクコンテスト②ご当地アイドル③友好都市などからのメッセージ④市民の投稿動画―などを編集し、1時間半のバラエティ番組風にまとめる。
 BIGINの比嘉栄昇さんは「島にいらっしゃった方を歓迎できなかった事に、はがゆさを感じる。そんな中で、今何ができるか。島を好きでいてくれている世界中の皆さんに画面を通して島の魅力をお伝えできたら」とコメントを寄せている。
 動画配信は市観光交流協会のユーチューブチャンネルやBIGINチャンネル等で行う予定。このほか、同日限定の飲食店等応援企画が終日あり、午前は新栄公園でのアマビエの凧揚げ、午後9時からは尺玉30発の打ち上げ花火も行われる。
 また、今年から県と市の暴力団排除条例に基づく「石垣島まつり実行委員会出店等営業規則」を施行する。八重山警察署と連携し、反社会的勢力に対して「出店の拒否」「出店許可の解除」などを行うことで、反社会的勢力を利することを防止し、まつりの健全な運営を図る。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る