【金波銀波】5日、横田めぐみさん…

 5日、横田めぐみさん=拉致当時13歳=が56歳を迎えた。憲法改正が急がれる◆「憲法のお陰で戦争がない」と言う人が未だにいる。日米同盟や集団的自衛権による戦争抑止効果などを無視した発言であることは、論を俟たない。が、そも「戦争」はなかったのか。戦争は何も武力、軍隊同士の衝突だけではない◆「戦争」を、主権国家による他国家・他国民への生命・財産等への侵害行為と定義すれば、北朝鮮による日本人拉致は戦争である。北朝鮮も国連加盟国であり、金正日総書記はすでに国家ぐるみでの拉致を認めた。日本人拉致は国内外で被った戦争行為である◆島根県竹島が韓国に不法に占拠され、66年が経つ。国民の財産が武力により占拠されたままだ。国土が奪われた戦争から目を背け、見て見ぬ振りをする。長い間、拉致事件を見て見ぬ振りしてきた姿勢と同じである。生命・自由・幸福追求を保障すると定める最高法規が、聞いて呆れる◆現憲法では「自衛」と認めぬ人がいる。改憲により法制を変え、自衛隊が取り返しに行ける準備が可能となれば、北朝鮮の出方が変わる可能性は上がる。戦争を嗾(けしか)けているのではない。いや、「戦争」の定義に基づけば、同胞と財産を取り返すという当たり前の希求である。(S)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では6日、中…
  2.  八重山防衛協会(三木巖会長)などの自衛隊協力団体が主催する「2020年度 美ら島の未来を護る君の手…
  3.  今年数え年109歳の茶寿を迎えた加治工トヨさんにこのほど、竹富公民館(内盛正聖館長)は頌状と祝い金…

話題をチェック!

  1.  新潟県で開かれた国内最大級の野外ロックフェスティバル「フジロック」で熱唱し、米軍普天間飛行場の辺野…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る