唯一のカツオ船 漁終了 八重山漁協 コロナで漁期短縮

水揚げされたカツオをさばく市場関係者=8日、石垣港

 石垣市のマルゲン水産のカツオ漁船「第1源丸」が8日、石垣港に今期最後の水揚げをした。源丸は八重山漁協所属で唯一のカツオ船で漁協としても今年の漁を終えた。新型コロナウイルス感染拡大で漁期が短く、漁獲量も前年の半分に満たなかった。

 源丸は朝に石垣島の南東沖で200㌕を漁獲し、午前に水揚げした。台風14号の接近に伴うしけと餌の小魚の生きの悪さが響いて漁獲量は少なく、魚体も小さめが目立った。
 味は「脂が乗ってうまい」という。1㌕300円で取引され、市内の鮮魚店に出回った。
 今期はコロナ感染症による航空物流の停滞で初出漁が7月と例年より1カ月遅れた。漁にも恵まれず、総漁獲量は24㌧で前年(56㌧)の5分の2にとどまっている。
 上地源船長(30)は「コロナで良くないシーズンだったが、八重山でただ1隻のカツオ船なので漁の灯を消さないよう来年も頑張りたい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では6日、中…
  2.  八重山防衛協会(三木巖会長)などの自衛隊協力団体が主催する「2020年度 美ら島の未来を護る君の手…
  3.  今年数え年109歳の茶寿を迎えた加治工トヨさんにこのほど、竹富公民館(内盛正聖館長)は頌状と祝い金…

話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は24日の市議会一般質問で、地対艦誘導弾の弾薬庫に…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る