副会長に新田議員再任 コロナ財源確保を要望 県町村議長会

総会では、新しく選出された新会長を含む新しい理事ら(奥)が紹介された=12日午後、パシフィックホテル沖縄

 県町村議会議長会(識名盛紀会長)は12日午後、那覇市内で定例総会を開き、新会長に読谷村議会の伊波篤議長を選出した。竹富町議会の新田長男議長は副会長に再任された。任期は2年間。

 総会では、新型コロナウイルス感染症に対応するための財源確保を求める決議も採択された。
 一般会計予算額は歳入・歳出が約7120万円で、決算額の歳出は約6850万円、次年度繰越金は約284万円になった。特別会計では、約222万円が次年度に繰り越された。
 新型コロナに関する決議は、コロナ禍の影響で急激に悪化した地方財政を補てんするため、国に地方税財源の確保を求めるもので、県内の全町村では既に意見書が可決された。これを受け、議長会でも、地方税や地方交付税の一般財源の確保など計5項目を要望した。
 来年度の町村負担金(会費)は、総額が前年度と同額の4684万5千円になった。
 伊波新会長は「コロナ禍の中で、従来と違う運営もあると思うが、こんな時期だからこそ役割がある。運営への協力をお願いする」と会員に呼び掛けた。
 市町村総合事務組合議会の議員だった与那国町議会の前西原武三議長は、先島地区の議員として再選された。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る