採苗圃委託費の支援を 市、臨時交付金で補助 石垣市甘しょ生産組合

中山市長に優良農家への採苗圃設置管理委託費支援を要請する石垣組合長(左)ら=13日午後、市役所庁議室

 石垣市甘しょ生産組合の石垣英邦組合長らが13日午後、市役所に中山義隆市長を訪れ、優良農家への採苗圃(ほ)設置管理委託費の支援を要請した。市は地方創生臨時交付金を活用し補助金を充てる方針を示した。

 採苗圃とは、試験場で育成された甘蔗を原苗圃で育成し、さらに育成して一般自家苗圃に配付するための苗圃。健全な苗が育成でき、採苗時間が通常の半分以下で済むメリットがある。
 同組合によると、沖夢紫生産農家の9割超が南風堂㈱に出荷しているが、新型コロナの影響で菓子店の売り上げが低迷し、需要と供給のバランスが崩れている。
 組合では春植え(3~6月初旬)で17㌶を10㌶に減反して対応したが、秋植え(9~12月)では植え付けを完全に制限する方針を余儀なくされている。
 秋植えが制限され、秋植えから得られる次期作春植えの苗がなくなることから、市に採苗圃設置への支援を要請し、苗の安定確保を求めた。
 予定されている採苗圃は60㌃で、組合は優良農家を6人ほど選別し、各10㌃の採苗圃で栽培を委託。来年春植えをする農家は、その採苗圃から苗をもらい受ける。
 市は要請を受け、地方創生臨時交付金を活用し、「高収益作物次期作支援交付金事業(仮)」として、採苗圃設置管理委託への補助金を交付する方針を示した。
 今月中には交付決定をして、申請を受け付けたい考え。
 石垣組合長は「こういった経済情勢ではかなり厳しい状況。新たな戦略、販売方法も模索しているが」と訴えた。
 中山市長は「来年の観光客の回復を目指して取り組んでいる。ぜひ勝負できる生産物として残していきたい」と答えた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る