中国船の領海侵入最長に 周辺で日本漁船が操業 尖閣周辺

 第11管区海上保安本部(那覇)は13日、石垣市の尖閣諸島周辺で、11日午前に侵入した中国海警局の船2隻が領海内にとどまっていると発表した。周辺では日本漁船が操業している。領海侵入の連続時間は、7月に記録した39時間23分を13日午前2時11分ごろに超え、2012年9月の尖閣国有化以降、最長となった。中国公船が尖閣周辺で領海侵入したのは、今年23日目。

 2隻は13日午後8時過ぎ、相次いで尖閣周辺の領海を出た。領海侵入の連続時間は80時間超となった。与那国町漁協所属で3人乗りの「瑞宝丸」(9・7㌧)と見られる船が大正島の南約9㌔の領海内で操業を続けていたが、海保の巡視船が中国公船に領海から出るよう要求するとともに、漁船の周辺で航行し、安全を確保した。
 加藤勝信官房長官は13日の記者会見で「誠に遺憾だ。現場で退去要求を繰り返すとともに、外交ルートで中国側に厳重に抗議している」と述べた。
 一方、中国外務省の趙立堅(ちょう・りっけん)副報道局長は同日の記者会見で「周辺海域でパトロールし法執行することは中国の固有の権利であり、日本側は尊重するべきだ」と主張した。
 尖閣周辺では、領海外側の接続水域でも機関砲のようなものを搭載した「海警2203」のほか「海警1102」が航行している。尖閣周辺で中国公船が確認されるのは37日連続となった。
 11管によると、領海侵入の中国船2隻は、日本漁船の航行に合わせて11日午前10時47分ごろから相次いで入り、漁船に接近しようとする動きを見せた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る