人材センターが奉仕活動 事業普及啓発月間でPR シルバーの日

奉仕活動を終え集合写真を撮るシルバー人材センターのみなさん=17日、真栄里公園

 2020年度「シルバー人材センター事業普及啓発促進月間」活動として石垣市シルバー人材センター(大松安元理事長)はシルバーの日の17日午前、真栄里公園から真栄里南交差点付近までを会員約50人で歩道沿いのゴミ拾いや分別作業の奉仕活動を実施し、約20袋のゴミを回収した。シルバー人材センターの活動をPRするリーフレットの配布も行った。

 活動を終え、大松安元理事長は「シルバー会員一人が一人を紹介し、一人が一つの仕事を紹介することでシルバーが拡大するように協力をお願いしたい。地域における活動をPRしたい」とあいさつした。
 16日には玉取崎展望台の花壇へマリーゴールドやベゴニアなど、会員から提供のあったタマスダレやアマリリスなどの苗約350株の植え付けも行った。
 同会はそのほか普及促進月間の取り組みとしてホームページやFMラジオ、地元ラジオ局でCM放送などの活動をPRする。
 毎年開催されていたグラウンドゴルフ大会は新型コロナウィルス感染拡大の影響で中止となった。
 27日には行政へシルバー人材センター事業の支援要請活動の実施も予定されている。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る