渡航者に注意呼び掛け 市長「感染予防徹底を」

 石垣市で沖縄本島からの渡航者が新型コロナウイルスに感染する事例が相次いでいることを受け、中山義隆市長は27日の記者懇談会で「本島などに旅行に行く人は感染予防策を徹底し、戻ったあと1~2週間はしっかり体調管理をして、感染を最小限に食い止める協力をお願いしたい」と求めた。

 宮古、八重山を視察した県議会自民党会派でクラスター(感染者集団)が発生した件に言及。「幸い、八重山で接触者の感染は出ていないが、一歩間違えば(八重山でも)大きなクラスターが発生した状況」と指摘した。
 島外から訪れた人との接触は人数を絞って短時間で済ませることや、大人数での歓談は行わないことなどを呼び掛けた。
 県は26日、新型コロナの警報を出し、県民、事業者に感染拡大防止対策の徹底を要請している。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る