高齢者の初乗り料金助成 非課税世帯、タクシー運賃 石垣市

「高齢者おでかけタクシーチケット」をPRする中山市長と伊良皆支部長=28日午後、市役所

 石垣市は、市民税非課税世帯の75歳以上で、交通手段を持たない市民に対し、タクシー運賃の初乗り分470円を助成する「高齢者おでかけタクシーチケット」を11月1日から発行する。28日、中山義隆市長が記者会見して発表し、高齢者に対し「通院や買い物などに利用し、外出の機会を増やしてほしい」と呼び掛けた。

 チケットの給付対象者は、非課税世帯の75歳以上で、市介護長寿課によると該当者は約860人。車を持っていないこと、近隣に親族が送迎できる環境がないことが条件になる。
 市役所介護長寿課でチケット発行を申請し、決定すれば自宅にチケットが郵送される。タクシー乗車時、チケットを有効期限内に使えば、初乗り料金が無料になる。
 助成額は初乗り料金だけで、それ以上の運賃は自己負担。ただチケットは複数枚をまとめて使用でき、その分だけ料金が安くなる。お釣りは出ない。基本的に本人のみ利用可能。
 1人当たり1カ月に2枚の使用を想定しており、申請に応じ、今年度は来年3月末までの10枚を給付する。
 タクシー会社は、受け取ったチケットをもとに、翌月10日、同課に運賃相当分を請求する。今年度の事業費は約500万円で、税源にはふるさと納税を活用する。
 記者会見で県ハイヤー・タクシー協会八重山支部の伊良皆高司支部長は「タクシー業界としてもうれしい。高齢者には活発に外出してもらい、石垣市を盛り上げてほしい」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る