「語り部」2人に感謝状 マラリア体験など継承 沖縄戦

沖縄戦の語り部として県から感謝状を授与した潮平さん(左)、佐久川さん(右)=28日、石垣市役所

 沖縄戦の悲惨さや歴史的教訓を後世に語り継ぐ「語り部(かたりべ)」に贈られる感謝状表彰伝達式が28日午後、石垣市役所で行われ、佐久川勲さん(81)、潮平正道さん(87)2人が受賞した。表彰は戦後75年の節目として県が初めて企画したもので、中山義隆市長が2人に感謝状を手渡した。

 八重山戦争マラリア遺族会会長の佐久川さんは「遺族会の高齢化が進む中、過去を正しく人々に語り継ぐことは、残された者の使命だ」と力強く話した。
 八重山戦争を語り継ぐ会会長の潮平さんは、毎年6月の平和月間に市内小・中学校などで行われる平和学習で体験談を語っている。「戦争マラリアという言葉さえ知らない子どもたちがいる。その時代を生きた者の言葉だけでなく、絵画や映像を通した『追体験』が必要である」と訴えた。
 中山義隆市長は、功労者の長年の教育尽力に感謝の言葉を述べた。
 感謝状は活動歴10年以上等を基準に、沖縄県内の各市町村で推薦された功労者に贈られ、県内で118人が選ばれている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  2.  国内大会としては今年初という「石垣島トライアスロン大会2021」(主催・同大会実行委員会)が11日…
  3. 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」指定に伴い、玉城デニー知事は10日、県庁で記者会見し、県…

話題をチェック!

  1.  11日の県議会最終本会議では、中国公船による領海侵入に関する意見書も審議され、全会一致で可決された…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年4月« 3月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る