自宅庭でコーヒー収穫 藤井さん、規模拡大へ

コーヒーの実を収穫する藤井さん=2日、登野城の自宅

 自宅の庭で3年前からコーヒーノキ(コーヒーの木)を栽培・収穫している藤井善信さん(66)=石垣市登野城=が、規模拡大のため栽培場所の提供や共同栽培の協力者を募っている。

 藤井さんは4年前に東京から移住。三度の飯より大のコーヒー好きで、第二の人生を歩みたいと道路建設のエンジニアを辞め、石垣島でコーヒーの栽培をスタートした。
 昨年11月に念願だった実の収穫に初めて成功し、毎日いれたての一杯を楽しんでいる。
 現在は規模拡大のため、八重山の土壌に関する調査や自家栽培のノウハウなどを記載した「八重山珈琲(コーヒー)通信」を関係各所に配布。
 また、八重山でコーヒー栽培に適した土地の研究資料を作成し、栽培場所の提供や共同栽培を呼び掛けている。
 藤井さんがコーヒーの栽培を始めて3年が経つ。2017年にコーヒーノキ50本を植え付けたのが最初の試みだった。台風や日差し対策などの研究を重ね、今日まで50本全ての木が残り、計200㌘の実を収穫できるほどに成長した。
 一般にコーヒー栽培は難しいとされるが、藤井さんの収穫した豆でいれたコーヒーは香りが良く、すっきりとした飲み口が味わえる。
 藤井さんは今後の目標について「石垣島で名物といえば牛や八重山そば。自分が大のコーヒー通という理由もあるが、果実を使った名産品を増やしたい」と意気込んだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市の第5次障がい者福祉計画(第6期障害者福祉計画・第2期障害児福祉計画)策定委員会(委員長・津嘉…
  2. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では25日、…
  3.  配偶者などから身体的暴力や暴言といったDV(ドメスティック・バイオレンス)を受けた経験がある石垣市…

話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の海上警備を担当する中国海警局(海警)のトップに、中国海軍で東シナ海を管轄する東海…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年2月« 1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る