暫定ヘリポート、11日供用開始 八重山病院に隣接、迅速に救命

県が整備した暫定ヘリポート。奥が八重山病院(県提供)

 玉城デニー知事は6日の記者会見で、八重山病院に隣接する急患搬送用暫定へリポートを11日から供用開始すると発表した。八重山の急患搬送は現在、海上保安庁のヘリが新石垣空港を発着点に行っているが、今後は県立八重山病院に隣接したへリポートが活用でき、より迅速な救命活動が可能になる。

 八重山の急患輸送、県が第11管区海上保安本部と調整し、新石垣空港にある石垣航空基地のヘリが行っている。患者は八重山病院が受け入れている。
 急患輸送は従来、八重山病院に隣接する石垣市消防本部内の真栄里へリポートが使用されていた。だが石垣市の新庁舎建設工事が始まった影響で、へリポートは使用困難に。現在、市消防本部は、新石垣空港で海保のヘリから患者の引き渡しを受け、陸路で八重山病院に搬送している。搬送時間が長引くことに住民から不安の声が上がり、石垣市や竹富町が県に暫定ヘリポートの設置を求めていた。
 暫定ヘリポートは20㍍四方の着陸帯を50㍍四方のフェンスで囲む。救急車の待機場所や八重山病院への接続道路もあり、夜間も使用できるよう、持ち運び可能な専用照明装置も導入する。運用は八重山病院や市消防が協力して行う。
 玉城知事は「ヘリポートの供用開始で、ヘリ到着から八重山病院までの搬送時間が短縮でき、圏域住民の安全・安心につながる」と強調した。
 八重山病院周辺での恒久的なヘリポート整備については「石垣市の土地区画整理事業における都市計画設定の進ちょく状況を踏まえ、関係機関と協議を進める」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  2.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域に10日領海侵入した中国海警局の船2隻が、地元漁船を追尾する際、一定の距離…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、10日午前11時40分ごろ、石垣市の尖閣諸島周辺の領海に、機関砲の…
  5.  県は、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」適用地域に石垣市を追加した。石垣市では5月に入っ…

ページ上部へ戻る