八重山の魅力発信へ ミス沖縄3人、研修で来島

第39代ミス沖縄の(左から)岩本華奈さん(スカイブルー)、山里ひかるさん(コバルトブルー)新里瑞紀さん(クリーングリーングレイシャス)が中山義隆市長を表敬した=18日、石垣市役所

 第39代ミス沖縄の岩本華奈さん(23)=スカイブルー=、山里ひかるさん(29)=コバルトブルー=、新里瑞紀さん(29)=クリーングリーングレイシャス=の3人は県内各離島の魅力を学び情報発信に活かすことを目的に18日から2泊3日の日程で八重山研修を実施する。同日午前、石垣市役所で中山義隆市長を表敬訪問した。
 この日は市長表敬のほか、ミス八重山と一緒に観光PR動画の収録を行い、19日は西表島の自然発見ツアーでキャニオリング、サップ、ナイトツアー、生き物探索などを予定する。19日は川平湾などの石垣市内観光名所を巡るという。
 岩本さんは「石垣は初めてでとても楽しみにしていた。沖縄県内でも島それぞれに違った特色や魅力があると思うので今回の研修で見て学び、魅力を発信していきたい」、山里さんは「空港に着いて(石垣島には)緑がたくさんあって感動した。離島によって表情が変わることを改めて実感できたので、大自然を始め、食文化・伝統を学んでしっかり発信していきたい」、新里さんは「石垣島は昨年に次いで2回目で、ミス沖縄として再び来れてすごくうれしい。ミス沖縄の視点で石垣島の魅力を実際に体感して、多くの方に伝えていけるように努めていきたい」とそれぞれ語った。
 中山市長は「10月から観光客も増えてきている。(研修を)楽しんで八重山のPRをお願いします」と期待を寄せた。表敬にはミス八重山の掘井紗らさんと新里穂乃花さんも同席した。
 第39代ミス沖縄の3人はことし4月1日に就任。ことしは新型コロナウィルスの影響で通常は1年間の任期のところ、キャリア形成などの観点から2022年3月末までの2年間の任期となる。新たな情報発信の方法も模索し、6月にミス沖縄公式ユーチューブチャンネルを開設。チャンネル登録者数1万人を目標に登録を呼び掛けている。
 2泊3日間の八重山研修の様子は後日、同チャンネルで公開される。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る