商品券購入率5割超える 一部店舗「完売」表示も 石垣市

大型スーパーの一部で、プレミアム付き商品券の「完売」表示が出ている=18日

 石垣市が新型コロナウイルスの経済対策として全市民対象に販売しているプレミアム付き商品券は、21日までに購入率が5割を超えた。一部店舗では「完売」表示も出ている。市商工振興課は「購入が集中している店舗では、一時的に『完売』表示が出ることもあるが、補充して販売が再開できるよう取り組んでいる。商品券が買えなくなることはない」と話している。

 商品券は大型スーパー、金融機関、商店などで販売しているが、大型スーパーの一部で「完売」表示が出ているところがある。同課は間もなく補充するとした上で「急いでいる人は別の店舗で購入してほしい」と呼び掛けた。
 市は全世帯に商品券の引き換え書を送付したが、宛て先不明で約100世帯分が返送された。商品券が自宅に届かない場合、同課に連絡すれば再発送される。
 商品券の取り扱い店舗は約700店舗に達した。今後、クリスマスや年末年始の商戦シーズンに入るため、市は商品券の需要が高まると期待している。
 商品券は、新型コロナの影響で低迷する消費を活性化しようと発行された。市民一人あたり1万円で1万5千円分の商品券を購入できる。上乗せ分の5千円分の商品券は地元店舗でのみ使用可能とする。有効期間は来年1月17日まで。
 販売店舗はメイクマン石垣店、サンエー石垣シティ、マックスバリュ石垣店、やいま店、新川店、平真店、沖縄海邦銀行八重山支店、大里売店、星野共同売店。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る