窓口の感染リスク軽減 市、コロナ対策に10事業 医療職員の宿泊費助成も

 石垣市は市議会12月定例会に上程した一般会計、特別会計の補正予算に、新型コロナウイルス対策として10事業の費用を計上している。各課窓口での感染リスクを減らすため、申請手続きのオンライン化を推進。医療機関、福祉施設の職員が家族への感染防止のため宿泊施設を利用する際の費用も一部助成する。

 市は5月と9月の2次にわたる補正予算編成で国の新型コロナ対応地方創生臨時交付金約9億円を計上し、独自の対策に取り組んできた。今回の補正予算では、これまで実施した事業の不用額を財源に使った。総額は約6500万円。
 窓口での申請手続きを減らし、スマートフォンなどを利用して申請できるようにするための環境整備に取り組む。スマートフォンを活用した市税納付システムの構築にも予算を計上した。
 医療機関、福祉施設の職員が家族への感染防止のため宿泊施設を利用する費用の一部助成は、県内他市でも実施されているが、石垣市では初めて。
 さらに、発熱症状がある市民、観光客がPCR検査とインフルエンザの同時検査を行った場合、自己負担額を助成する。
 高齢者が多く集まる施設でのクラスター(感染者集団)を防止するため、通所系サービスを利用する高齢者のPCR検査費用も助成する。
 救急搬送時に救急隊員が感染することを防止するため、救急資機材を充実強化する。
 出荷が低迷している鮮魚の販路を確保するため、八重山漁協が販売する海産物お歳暮セットの販売促進を図る事業、新型コロナ収束後を見据え、観光関連事業者の接遇力向上を目指す研修会の開催なども計画している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では2日、中…
  2.  石垣市の尖閣諸島に、鹿児島県から出漁する漁師がいる。同県喜入町漁協所属の「第八みつ丸」船長、宮崎卓…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域で中国海警局船が領海侵入や日本漁船への接近を繰り返している問題を巡り、2日…

話題をチェック!

  1.  八重山を訪れた観光客にスムーズな移動手段を提供しようと、石垣市、竹富町など官民7者が11月から20…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る