【ゆーばいぶしのひとり言】ふたご座流星群にチャレンジ! 石垣島の星一徹こと小西覚(1958年生まれ)

私はVERA石垣島観測局の技術支援でブラックホールの観測のお手伝い、夜はANAインターコンチネンタル石垣リゾートで星空案内人をしている、南十字星が大好きなおじさんです。これから八重山の星空や、天体のことつぶやいていきますのでよろしくお願いします。

 

■チャレンジ1 12月13日夜~14日夜明け前(特に午前2時頃がオススメ)

■チャレンジ2 12月14日夜~15日夜明け前(同上)

 

3大流星群の一つであるふたご座流星群が12月4日から現れだします。極大日は13日夜から14日の夜明けで、ふたご座が真上に来る夜中の2時頃が見頃となると思います。特に今年は新月が15日なので月明かりなく絶好の条件です。最大1時間で55個の流れ星が現れるかも。前後の12日14日の夜も、最大1時間で20個の流れ星が現れると予想されています。

◆流れ星の見方

ふたご座流星群はふたご座から放射状に流れ星が現れます。ふたご座近くに限らず離れて流れることもあるので星空全体が見渡せるように見るといいですよ。お手軽な僕のオススメは安い折り畳みのキャンプ用の椅子に浅く腰かけて、背もたれに首をのせると楽に見る事ができますよ★(寝っ転がれるとなおgood!)寒さ対策はしっかりして下さいね。さあ、あとは晴れることを祈って、流れ星に願い事が出来るチャンスが多くなる、ふたご座流星群に夜更かししてチャレンジしよう!

◆木星と土星

12月初めから土星と木星は、18時過ぎから西の空低くに並んで見えます。21日は397年ぶりの惑星大接近で、木星が土星を追い越す瞬間だそうです。肉眼では一つの星にしか見えないかもしれません、是非あなたの目で確かめてみて下さい。天体望遠鏡だったら土星と木星が一緒に見えるかも。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  2.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域に10日領海侵入した中国海警局の船2隻が、地元漁船を追尾する際、一定の距離…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、10日午前11時40分ごろ、石垣市の尖閣諸島周辺の領海に、機関砲の…
  5.  県は、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」適用地域に石垣市を追加した。石垣市では5月に入っ…

ページ上部へ戻る