県議会も抗議決議案提出 中国外相の尖閣発言巡り

11月に来日し、茂木外相と記者会見する中国の王毅外相(左)=茂木外相のツイッターより

 県議会の又吉清義議員(沖縄・自民)は11日、中国の王毅外相が日中外相会談後の共同記者会見で尖閣諸島(石垣市)の領有権を主張する発言したことに抗議する決議案を県議会に提出した。

 決議案は「発言は尖閣諸島がわが国固有の領土であることを明らかに否定し、断じて容認できず、強く抗議する」と明記している。宛て先は中国の習近平国家主席、王毅外相、駐中日本国特命全権大使宛てとしている。
 又吉氏は中国公船の日本漁船への追尾が繰り返され、領海侵入、接続水域航行も過去最多を記録していることについても意見書案を出した。
 日本政府に対し「追尾、威嚇行為を行わなわないよう中国政府に働き掛け、日中両国間の緊張がエスカレートしないよう冷静で毅然とした態度で尖閣諸島の領海、排他的経済水域での安全確保を図る」ことを求めている。
 決議、意見書案は開会中の県議会総務企画委員会、本会議で審議され、採決される。
 王毅外相の発言を巡っては石垣、那覇両市議会が抗議決議を可決している。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る