【金波銀波】知る権利によって国家と対峙する人々は、知ることに…

 知る権利によって国家と対峙する人々は、知ることにどこまで真剣なのか◆「国民に隠している事がある!」「情報を開示しろ!」、新聞や地上波で取り上げられる声デカき人々。知る権利を振りかざし、あたかも〝国家権力という悪〟に対する正義の使者のようだが、そこに落とし穴がある◆そも〝国家〟は虚構である。人間の自己保存の本能や私利自愛が創り出した観念であり、彼らが打倒しようとしているのは〝国民のエゴイズム〟に他ならない。国民のエゴイズムという悪に対する正義の使者、という訳だ。問題はその使者が、自分たちの正義の出所が自身のエゴイズムにあることに気付いていない点である◆エゴイズムの否定は、生の否定であり、エゴイズムを一方的に批判・断罪できるのは、エゴイズムのない人ならざる者である。権力監視をするなと言っているのではない。国家の虚構性や己のエゴイズムについて少しでも、考えたことがあるのかと問いたいだけである。虚構という現実を相手にするより前に、自分自身や人間を知ることは、権利というより義務である◆自分たちの正義にそぐわぬ〝国家〟に突っかかっているだけならば、駄々をこねる幼児と変わらない。いや、賢しらを覚えた分だけ、幼児よりも手に負えぬ。 (S)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  新潟県で開かれた国内最大級の野外ロックフェスティバル「フジロック」で熱唱し、米軍普天間飛行場の辺野…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年2月« 1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る