竹富町職員がコロナ感染 庁舎消毒、町長「万全体制で」

 竹富町は28日、石垣市で勤務する町役場の40代男性職員が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。

 西大舛高旬町長は「感染経緯を確認の上、1月4日の業務開始に向け、庁舎内の消毒等を行い、万全な体制で業務を行う」とコメントした。
 町によると、男性は27日に発熱の症状があり、28日のPCR検査で陽性が判明した。12日から2日間、沖縄本島への渡航歴があるが、発症までの間隔が空いていることから、石垣市で感染した可能性が高いという。
 男性は25日まで勤務していた。町役場は28日から年末年始の休みに入ったが、男性の感染を受け28、29の両日、役場を消毒する。県が濃厚接触者の有無を調査している。
 男性は石垣市在住。軽症で、入院するかどうか調整中という。
 これとは別に、県は28日、石垣市で男性3人が新たに新型コロナウイルスに感染した、と発表した。
 40代と50代男性は県立八重山病院に入院、60代男性は軽症で自宅療養している。竹富町役場職員も含め、八重山の感染者数は計167人。
 50代男性と60代男性はいずれも27日に保険診療検査、40代男性は26日に行政検査でPCR検体を採取し、27~28日にかけて陽性が判明した。県が行動歴を調査している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では6日、中…
  2.  八重山防衛協会(三木巖会長)などの自衛隊協力団体が主催する「2020年度 美ら島の未来を護る君の手…
  3.  今年数え年109歳の茶寿を迎えた加治工トヨさんにこのほど、竹富公民館(内盛正聖館長)は頌状と祝い金…

話題をチェック!

  1.  在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る