【ゆーばいぶしのひとり言】しぶんぎ座流星群にチャレンジ! 石垣島の星一徹こと小西覚(1958年生まれ)

チャレンジ 1月3日夜中~4日夜明け前(特に午前3時頃がオススメ)
※満月後の大きい月があるので見づらいかも…

 しぶんぎ座流星群も三大流星群の一つですが、他の三大流星群よりは活動時期が短く年によって流れ星の数が多かったり少なかったりバラバラようです。極大日は3日(日)の夜中から4日(月)の朝方になり、見頃の時間は4日(月)の夜明け前で午前3時~6時頃になるでしょう。1時間で最大20個位の流れ星が現れる予報です。但し、満月後の月例20の大きめの月があるので見づらいかも…「しぶんぎ座」は現在では存在しない星座です。18世紀に「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」として設定された星座です。りゅう座の中にあったようです。

 しぶんぎ座流星群の見方
 しぶんぎ座流星群の放射点が東の空から昇ってくるのが夜中の午前1時頃なので、その頃から見え出してくると思いますが、南側に月があるのでできれば北西の方角の月の影響の少ない方角を向いてみるのがベストだと思いますよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  2.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域に10日領海侵入した中国海警局の船2隻が、地元漁船を追尾する際、一定の距離…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、10日午前11時40分ごろ、石垣市の尖閣諸島周辺の領海に、機関砲の…
  5.  県は、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」適用地域に石垣市を追加した。石垣市では5月に入っ…

ページ上部へ戻る