12月日照2番目の短さ 石垣37時間、西表32時間

石垣市の曇り空。観測史上2番目の日照不足に見舞われている=7日、登野城

昨年12月の八重山地域の通算日照時間は石垣島37・4時間、西表島(竹富町)32・1時間、与那国島24・9時間にとどまり、12月としては観測史上2番目に短いことが分かった。前線の停滞が原因で石垣島地方気象台は日照不足に関する情報を出し、注意を呼び掛けている。

石垣は1944年の28・8時間、西表は2011年の29・3時間、与那国は同年の12・4時間の各最短記録に次いで短い。石垣は過去30年間の12月の平均時間の37%、西表は43%、与那国は38%にすぎない。
日照不足は1月も続き、1~6日の6日間の日照時間は石垣11・8時間、西表2・4時間、与那国5・5時間となっている。
気象台によると、大陸から張り出した寒冷なシベリア高気圧、フィリピン沖から進出した温かい太平洋高気圧が八重山上空でぶつかり、前線が居座って雨をもたらしている。
12月の平均気温は石垣20・4度、西表20・1度、与那国19・8度と平年並みで日照不足だけが顕著になっている。
日照不足情報の発令は1月5日で気象台は「日照不足はしばらく継続すると見込まれ、農作物の管理に十分注意してほしい」と話している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では2日、中…
  2.  石垣市の尖閣諸島に、鹿児島県から出漁する漁師がいる。同県喜入町漁協所属の「第八みつ丸」船長、宮崎卓…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域で中国海警局船が領海侵入や日本漁船への接近を繰り返している問題を巡り、2日…

話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る