「野鳥をひかないで」 大本小児童が歩道で安全運動

 大本小学校(金城一石校長)の全校児童8人は20日朝、「野鳥をひかないで」と書かれたメッセージボードを持ち、学校前の道路を走る車に安全運転を呼び掛けた。梅田朋君(6年)は、「僕たちにしかできない活動で大切な野鳥を守りたい」と決意した。
 昨年度から始まった活動は、毎月第4水曜日の朝の時間を利用して実施される。
 児童らは「38㌔以下でゆっくり走ろう」「カンムリワシをひかないで」などと書かれた手作りのボードで安全運転を呼びかけた。
 梅田朋君(6年)は、「餌となるハブやカエルが轢かれると野鳥も住みづらくなる。このアピール運動は、大本小だからこそできる活動です」と誇らしげに話した。
 この日は15分間で31台の車が通り、一生懸命手を振る児童らに運転手も速度を緩めた。
 金城校長は「昨年度から定例化してきた活動。野鳥の交通事故を少しでも減らすために継続していきたい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  24日投開票された「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は埋め立て反対が多数を…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年2月« 1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る