加藤氏、中国船「国際法違反」 2月の航行26日、侵入6件 尖閣周辺

 加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、中国海警局の船が石垣市の尖閣諸島周辺で領海侵入や日本漁船への接近などを繰り返していることについて「誠に遺憾で、断じて容認できない。こうした活動は、そもそも国際法違反だ」と批判した。
 中国は、海警局船に武器使用を認める「海警法」を2月1日に施行した。加藤氏によると、1日からの1カ月間で海警局船の領海侵入は6件、うち5件は周辺を航行する日本漁船に接近しようとした事案だった。領海外側の接続水域での航行日数は計26日に上った。
 加藤氏は「(海警局船の)航行、侵入、日本漁船への接近が相次いでいることは極めて深刻だ。引き続き緊張感を持って注視していく」と強調した。
 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島周辺の接続水域では1日、中国海警局船「海警1401」「海警2302」の2隻が航行している。尖閣周辺で海警局船が確認されるのは17日連続。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では12日…
  2.  八重山で新型コロナウイルス感染者が初確認されて13日で1年となることを受け、八重山日報社は石垣市の…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…

話題をチェック!

  1.  前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年4月« 3月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る